06-6214-0656

素人娘専門※大阪デリバリーヘルスの決定版※GRAND OPEN EVENT※80分9000円ポッキリ!!

デリヘル情報

  • ソープランドが風俗法に違反しないわけ

    デリヘルやホテヘル、ピンクサロンなどの店舗では、風俗法で禁止されているため本番行為を行うことができません。しかしソープランドでは、他の風俗では許されていない本番行為ができるというのはどうしてなのでしょうか。実はソープランドは特殊浴場営業許可で営業している浴場で、風俗店ではないという取り扱いになっているのです。ソープで仕事をしている女性も、その浴場の一部を借りてマッサージのサービスをしているだけで、直接お店に雇用されて働いているわけではありません。ソープランドという浴場に入浴に来た男性がたまたまマッサージをしてくれていた女性に恋をし、2人の自由意思で恋愛をした結果性的な関係を持ったということになるので売春にはあたらず、風俗法に違反することもないというわけです。ですからソープ店では入浴料を受け取りますが、サービス料はマッサージをした女性に直接払うというシステムになっています。ソープランドのホームページの料金に、入浴料と書かれているのはこのためです。店舗によっては入浴料だけしか書かれていないところもありますが、入浴料の2倍程度のサービス料をソープ嬢に支払わなければならないので、あらかじめそれだけの予算を用意しておくようにしましょう。